驚きのコミュニケーションツール 『 教 訓 茶 碗 』

驚きのコミュニケーションツール 『 教 訓 茶 碗 』

驚きのコミュニケーションツール 『 教 訓 茶 碗 』

不思議な茶碗があります。「教訓茶碗」といいます。

石垣島の米子焼工房製です。底に穴があいているのに、お茶を入れてもなぜかこぼれない。ところが、器の中の八分目ぐらいの「どこか」を境にそれ以上入れると全部こぼれてしまう。
「ええ!?何でそんなヘンな茶碗があるの‥だったら茶碗じゃないよね」っと思う人にはこの茶碗は要りません。

この不思議さを「へえ〜」と感じる人には、とっても素敵な茶碗なのです。だって、お茶を注ぐときはとってもスリリングでしょう?

ティータイムがイベント

ギリギリのギリギリがどの辺りなんだろうと注意しながらお茶を注ぐ‥‥普段注目しない行為に集中しちゃいます。

だからこの緊張がティータイムを楽しいイベントタイムに変化させてしまいますよね。テーブルがお茶びたしになる可能性も充分なんですけど。。

付け加えますが、八分目までは普通の茶碗です。傾けようが、揺さぶろうが決してこぼれません。

‥‥だからこれは茶碗ではありません。
会話を楽しくする道具なんですね。ティータイムのイベントが終わった後でも仲間同士の話のネタになる道具。そう思いません?

教訓茶碗教訓茶碗

教訓茶碗3個

教訓って

“欲張り過ぎるとすべてを失ってしまう”とか“欲張りすぎるとしっぺ返しがくる”という古人の教え。その「教訓」がそのまま茶碗としてカタチになったのが教訓茶碗です。

「やっちゃった!」って時はこの教訓を経験できたわけですから大いに人生の勉強になったって思えば「とても嬉しい」ですよね。ヽ(^-^ )

そう、この不思議な教訓茶碗は『会話を楽しくする道具』、『人生の勉強になる道具』なんだなと「おもしろ雑貨屋デジモバ」では考えています。

シーサーのおとぼけ顔を

緑茶などを注ぎ「教訓」を体験しながらシーサー(沖縄の獅子)のとぼけた顔を眺めて、まったりとした時間を過ごすのもいいですよ。お友達やお子様にもどうぞ。

※メーカーの話によると、シーサーのおとぼけ顔は、表情が微妙に違う4-5種類の顔があるそうです。どの表情をゲットできるかは、お手元に届いてからのお楽しみです。

もちろんお茶の『お茶碗』だけでなく『ぐい呑み』にも使えます。 お酒の場合だと、飲み過ぎにならないようにセーブしやすくなりますね。注ぎ過ぎて全部こぼれてしまった場合はその時点でゲームオーバー。飲み過ぎ信号が点滅しましたのでご注意くださいね。

サプライズと教訓が一杯に詰まったこの茶碗、ご自分だけでなく、お友達や、お父さん、お母さんにもプレゼントしてあげると喜ばれますよ。だから二つでも三つでも四つでも五つでも、遠慮無くご注文ください。

● メディア紹介
東京生活 2006 August NO.14  詳しくはこちら >>

 教訓茶碗物語はこちら >>

仕様


サイズ:直径約8cmx高さ約8cm
こぼれない容量:約100cc

教訓茶碗「白」
教訓茶碗「白」
返品についての詳細

■ 教訓茶碗「黒」

教訓茶碗「黒」
返品についての詳細

■ 教訓茶碗「緑」
教訓茶碗「黒」
返品についての詳細

お支払い方法 配送料
FAXによるご注文 お届け日数
個人情報保護方針 お問いあわせ

◆ 教訓茶碗物語 ◆

教訓茶碗

教訓茶碗

宮良殿内の「八分さかずき」

約230年前石垣島の宮良殿内に渡来物として贈答された1個のさかずきがあった。8分目以上にお酒を入れると底からすーと抜けてしまう。

この不思議さに宮良家では家宝同様に扱って大切に保管してきた。とはいっても来客にはこれを見せ、あるいは使って「驚き」を分かち合い「教訓」話のネタにしていたからタダの家宝ではない。コミュニケーションの手段としても大いに役立っていた。

だから石垣島をはじめとする沖縄では宮良殿内の「八分さかずき」として知る人ぞ知るであった。米子焼工房の勝連さんは、このさかずきは非常に面白い、陶芸家としてこれをぜひ造ってみたいし、石垣島の名産にしたいと考えた。そこで茶碗としてこれを再現したいと宮良家に申し入れた。宮良家では快く協力を承知した。

茶碗の開発

しかし、一筋縄ではいかない。僕(店長)などがいくらしげしげ見てもそもそも原理がわからない。

教訓茶碗※上と下は別の白茶碗です。微妙にシーサーの表情が違います。教訓茶碗

茶碗の真中に獅子の顔(沖縄ではシーサーと呼ぶ)をした柱のようなものがあるだけ。もちろん茶碗に固定されている。さらに原理だけではない、これをゴムやプラスチックを使用して作るならまだしも、焼き物で作るとなると、シロウト目で見ても難しそうである。

ただし、勝連さんの話では原理はすぐにわかったのだそうだ。具体的に開発していったのは昭和55年頃のことで、およそ1年ほどかかったそうだが、楽しく開発したと言う。やはり物造りのプロとなると考えかたが一般の僕らとはちょっと違うようだ。

しかし、奥さんの話では以前は100個作って良品20個という時期も長かった。採算が合わないからやめようかと何度も思ったそうだが、人気が高まっているために、やめるにやめられなくなった。だからどうにか工夫してやっと採算のとれる歩留まりに持ってきたと言う。

商品検査

検査はかなり厳しい。テストは2回行う。これを通過して初めて良品となる。
1回目:少し水を入れ漏れがないかの検査。不合格品は排除。
2回目:真っ直ぐに水が抜けるかどうかの検査。そして同時に水が全部抜けるかどうかのテスト。不合格品は排除。

とまあ、こんな具合。


人気のお土産

「欲張りすぎると思わぬ落とし穴がある」の教訓茶碗としての話題性が観光客にも大受けで石垣島の名物土産になった。

勝連さんの「米子焼き(よねこやき)工房は市街地から離れた郊外型の店舗である。が、わざわざここまで訪問する客も多いという。今では他の工房でも教訓茶碗を作るようになったという話だが、開発者だけあって、勝連さんは教訓茶碗に対する責任感が強い。

上記のテストを経たものだけに、品質は安心できる。もちろん面白雑貨屋デジモバで販売しているのはこの米子焼き工房になる教訓茶碗だ。
教訓茶碗

メディア紹介

東京生活 2006 August no.14   文=葉石かおりさん  詳しくはこちら >>
  「この世に“幸福貯金”があったら‥‥」
私が考えていた幸福貯金は、幸福なことがあったら幸福銀行に貯金して、手元が寂しくなったら引出したり、将来、そしていざという時のためにたくさん幸福を貯金しておくというもの。幼い自分はそんな絵空事をよく考えたりしたものでした。
  大人になって思ったのは“幸福はたまにあるからこそありがたい”ってこと。幸福は、がんばった自分に神様がくれたごほうび。両手にあり余るほどあったら感謝の気持ちすらなくなってしまうし、幸福を得るための努力もしなくなってしまう。そんな人生って、おもしろくもなんともないですものね。
  でも、人は欲張りだから時たまそれを忘れ、“自分だけが幸せになればいい”と利己的になったりしてしまうもの。そんな時、手に取って欲しいのが沖縄の「教訓茶碗」です。一見ごく普通の茶碗のようですが、実はコレ、底に穴が・・・<中略>・・・この茶碗が語る教訓とは“欲張りすぎるとすべてを失う”ということ。こんな小さな茶碗ですが、そのメッセージは自己を振り返る機会になります。また食卓での会話を盛り上げる小道具としてもいいですよね。