ココロに役立つおもしろ雑貨のセレクトショップです。

デジモバTOP > 科学っぽい雑貨 > 超・低温度差スターリングエンジン模型

Stirling Engines 超・低温度差スターリングエンジン模型

超・低温度差スターリングエンジン模型

なぜ手のひらにのせただけで、エンジンが動き続けるの?


このモデルはパワーピストン、ディスプレーサーの動きが目視でき、ゆっくりと回りますので、スターリングエンジンの原理が手に取るように理解できます。
『体温で動くスターリングエンジンが作れないか?』というNASAの難問に、ウイスコンシン大学のセンフ教授が応え、それを実現させたモデルの原理・構造を応用したのが、この超・低温度差スターリングエンジン模型です。手のひらの温かさだけで回ります。

スターリングエンジンは、太陽エネルギーで宇宙船を動かすという目的のため、現在米航空宇宙局(NASA)で研究されています。温度差によって動くスターリングエンジンは、太陽エネルギーだけでなく、石油枯渇と環境悪化が予想される21世紀を救う「夢のエンジン」といわれ、注目されています。

超・低温度差スターリングエンジン模型
超・低温度差スターリングエンジン模型 世界的にも希少な模型です

NASAモデルが両手に載せるサイズ(6インチ)だったのに対して、これは片手サイズ(3.5インチ)と小型です。 小さくなる分、吸熱、放熱する面積が減少しますので、より高度な加工技術が要求されます。一般的に低温度差と言われていても20~30℃の温度差が必要なモノが多いようですが、この超・低温度差スターリングエンジン模型は本当に手の温もりだけで回る、世界的にも非常に希少なスターリングエンジン模型です。

※上の画像の黒は終売しました。

▼スターリングエンジンとは >>

▼未来のエンジンと言われるわけ >>
超・低温度差スターリングエンジン模型

こんな感じで動きます

個体差はありますが、7~8℃の温度差があれば作動します。 手の温もりで動かす場合は、手のひらに1分ほど置き、ベース下面がほんのり人肌の暖かさ、上面がひんやりとした金属の感触を感じたら、はずみ車を時計方向へ回してください。 ゆっくりと回り始めます。
冷たい物の上に置くと逆回転します。 氷、冷えた缶ビールの上などに置いて、ぜひお試しください。お客様のレビューにもありますように、夏場は冷たい保冷剤の上に置くときれいに回ります。

コンピューター、テレビ、モニター、オーディオアンプなど身近な放熱している物の上に置くと、いつまでも回り続け、面白いインテリアオブジェとしても楽しめます。

 

超・低温度差スターリングエンジン模型のアルミ部分は陽性酸化処理により美しく着色され、真鍮、ステンレスの金属素地とのコントラストも美しく、ディスプレーモデルとしてのクオリティーも兼ね備えています。

書斎はもちろん、仕事机の上やリビングテーブルにおいて、気分転換したいとき、そっと手のひらに載せて、まわしてみたくなりますね。なんだかいじらしいエンジンです。

超・低温度差スターリングエンジン模型 青 超・低温度差スターリングエンジン模型ミラーポリッシュ
超・低温度差スターリングエンジン模型

思い立ったらすぐに動かせて、メンテナンスもほとんど必要ないのが、スターリングエンジン模型の魅力の一つとも言えます。しかも未来の夢のエンジンの原型としての構造がよくわかりますから、知的教育の一環となるってことで、子供と遊びながら実は自分が楽しむってことができますね。

■仕様

素材:アルミ、真鍮、ガラス、グラファイト、アクリル 。

ベース部表面処理
・青:着色アルマイト処理(メタリックブルー)
・ミラーポリッシュ:ニッケルメッキ

サイズ:89mm(W)x89mm(D)x140mm(H)
台座、はずみ車サイズサイズ:直径89mm

生産国:イギリス

製品:完成品(組み立て模型ではありません)

※ご注意
・自己起動はしませんので、最初は手動で「はずみ車」を時計方向に回します。手の平に載せている間はそのまま回り続けます。

・気温が高い夏場は、回らない場合がありますのでご注意ください。手の平と周囲の気温との温度差が7~8℃必要です。

・回転方向には正逆があります。手の平など、温かいところに置いて回す場合は時計方向に、冷たい物の上に置く場合は反時計方向に回します。

超・低温度差スターリングエンジン模型 青

 

 


超・低温度差スターリングエンジン模型 ミラポリッシュ

クリアランス SALE 2018

売切れ御免(^∧^)。お得にゲット!してね。

超・低温度差スターリングエンジン模型/青

34,560円円(税込)

 

超・低温度差スターリングエンジン模型/ミラーポリッシュ


返品についての詳細

※青とミラーポリッシュは表面加工の違いにより、価格が異なります。よろしくご了承ください。

超・低温度差スターリングエンジン模型パワーピストン 超・低温度差スターリングエンジンのピストンには気密性を保ち、かつ、フリクションロスを最小にすることが求められます。 ガラスシリンダーとグラファイト製パワーピストンは、この二律背反する条件を満たす最適な組み合わせです。
超・低温度差スターリングエンジン模型 超・低温度差スターリングエンジンのチャンバーの側面は透明アクリル製で、ディスプレーサーの動きも見ることができます。
また、この部分を含めてベースの上プレートと下プレートの結合には、あえて熱伝導率の低いプラスティックパーツを使用したアンチ・ヒートブリッジ構造となっています。 この構造により上下の温度差がいつまでも確保でき、長時間回り続けるととを可能としています。